クラウドソーシングで仕事を獲得する方法

こんにちは。クラウドソーシングの事をクラウドソー(ジ)ングと言い続けていたとーますです。

主にクラウドワークスを使用しているのですが、登録から3ヶ月経ってちょこちょことお仕事を頂いています。
そこで、僕が仕事を獲得するために大事にしていることをお伝えしたいと思います。

必要な情報入力は全て済ませる

プロフィールはもちろんのこと、信用に繋がる本人確認やNDA締結は欠かさずに完了させましょう。
クラウドワークスなら、[経歴]のページに制作実績を1つ1つ書いていきます。

最低限の情報を入力していて、制作実績も載せることで信用に繋がります。
何と言っても顔の見えない相手と仕事をするんですから信用が大事。

応募文にテンプレートを使わないこと

クライアントの方が募集分に「テンプレートは辞めて」と嫌悪感を示すほど受けが悪いです。
数打ちゃ当たることもあると思いますが、僕はクライアントごとに内容を変えています。

例えば、「コーポレートサイトの改修」をタイトルに募集してあれば、実際にコーポレートサイトを見て改善点などを応募文に添えます。
実績を載せるなら、あればですがもちろん企業サイトです。

あまり提案できる事がなくても、募集分の一部を汲み取って返すだけでも全然違うと思います。

連絡はスピーディーに返す

応募したところ、クライアントから質問が来る場合があります。
ここで何日も放置していると、仕事を逃してしまいます。

クライアントも大勢の中から一人を選んだりするので、極力早めに返信しましょう。

自分の仕事単価を設定しておこう

「いくらで制作してくれるか」というのは、クライアントが最も重視していると思います。
クラウドワークスで応募するなら、[気軽な相談]ではなく[応募]で契約金額を提案することをオススメします。

僕の[気軽な相談]に丁寧に連絡をくれたクライアントの方は、「[応募]の人しか確認していない」と言われていました。
確かに、やりとりをするのにも時間を取られるので「いくらで出来るか?」をハッキリ提示するべきです。

ちなみに僕は、自分の日当を設定して、制作にかかる日数を踏まえて仕事単価を設定しています。

最初は実績作りのためになんとか仕事を

クラウドソーシングでの実績が増えるほど仕事は取りやすくなります。
まず1件なんとか受注できるように努めましょう。

以上、誰かの役に立てたら光栄です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする