初めて賃貸を借りる人におすすめしたいDIY

みなさんこんにちは。とーますです。

初めて一人暮らしする方や、同棲する方に向けて、賃貸でDIYするのにオススメなものをまとめました。
家電や家具など必要なものを揃えると思うのですが、「これはDIYで作った方がオススメ!」というものをご紹介します。

キッチンカウンターをDIYして、狭い調理スペースとおさらば

blog0014_img001

賃貸のキッチンはどうしても調理スペースの小さいところばかり。
洗い物の水切りラックを置いたら、どこで料理したらいいん?と思うほどスペースがない。

そんな時に役立つのがキッチンカウンター。
基本的に材料を切ったり、皿に盛りつけたりはこちらで行います。

写真のカウンターは作るのがとっても簡単。
ホームセンター等でよく見かける3段BOXを横に3つ並べて、1枚板を乗せただけ。
かかる金額は安い板で作れば4,000円ほどで済みます。

僕は3段BOXそのままでは見た目が良くないので、白くペイントした板を正面に貼っています。
とってもオススメです。

利便性がグンと上がるキッチンツールフック

blog0014_img003

キッチンツールを収納する場所に困ることがあるかと思います。
すぐ取って使えて戻せる場所があれば効率よく料理できます。

そこで登場するのが突っ張り棒。
100円均一にあるもので大丈夫です。
2本突っ張って、その間にあみあみ(メッシュパネル)を結束バンドで取り付けます。
キッチンツールを掛けるフックも動かないように結束バンドで固定しましょう。

するとなんて便利なんでしょう。
料理中だけでなく、洗い物する時も濡れたままでも掛けられます。
かかった金額は500円程度。

最初は突っ張り棒なので倒れないか心配だったのですが、かれこれ1年以上使用していますが問題ないです。
一度も突っ張り直したり、しめたりしていないです。

小さなストレスを解消するのに役立っています。

風呂場から立ったまま手が届くバスルームワゴン

賃貸でこんな経験はありませんか?
・脱衣した服を置く場所がなく、床に置いている。着替えも床に。
・風呂上がりバスタオルを取るのにいちいちかがんで手を伸ばさないといけない。
・お風呂やトイレなどの掃除用具を収納する場所がない。

そんな方はバスルームワゴンを作るべきです!

blog0014_img002

これがあれば、着替えを置ける。バスルームからバスタオルを取りやすい。収納が増える。
いいことづくめです。

このバスルームワゴンは、左右にすのこを使っていて、すのこの足に棚板を取り付けています。
また、動かしやすいよう底板にキャスターを付けました。

日常のちょっとしたストレスをDIYで解決!

普段暮らしている中で、「ここがもっと便利になったらなぁ」と思うことがあると思います。
そんな時にDIYで楽しくお買い得に解決できたらいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする