フリーランスで生きる上で、パートナーを心配させないために。

こんばんは。とーますです。

現在僕は、彼女と結婚を前提に同棲しているのですが、フリーランスを続けていく上で少し揉めたりもしました。
フリーランスの皆さんも1度はパートナー(旦那さん、奥さん)と揉めることがあったんじゃないでしょうか?
僕なりに実践しているパートナーへの説明を書かせて頂きます。

説明なしでは、ついてきてくれない

会社員からフリーランスになる際は、説明を聞いて僕を信用してくれたのですが、退職から1ヶ月〜2ヶ月経つと、「不安でいっぱいだ」と胸の内を明かしてくれました。
それは僕の説明不足が原因だったんです。

フリーランスになる時は、どんな生き方をしたいかや、先々の計画など色々と話しましたが、いざなってみると収入や普段何をしているか等を全然説明していなかったんです。

彼女としては、結婚も考えているし、収入面や将来性や、ちゃんと働いているのか等疑問が積もりに積もっていたわけですね。

月に1度の成果発表をすることに。

パートナーにちゃんと説明するために前月の成果発表をすることにしました。
毎月、月初に行い下記のようなことをスライド資料にまとめてプレゼンします。

・家事活動(在宅なので、家事も結構やります)
・アルバイト活動(収入報告)
・フリーランス活動(収入報告)
・先月の成果と反省
・短期的目標
・長期的目標
・一言

月に一度の成果発表会はこういった感じで構成してます。
主には、収入・目標との比較・反省・次の目標という感じです。
短期的目標は具体的な3ヶ月後までの計画。
長期的目標は抽象的だけど、先1年間での計画。

現在のところは、目標になかなか届かずボロボロなんですが…
そんな弱みの部分を見せることも大事ですね。

スライド資料はあってもなくてもok

僕は数字とかをしっかり見せたいので毎回スライド作っていますが、何より発表することが大事です。
見せ方よりも、継続して毎月説明することが大事なのです。

ちなみに僕はスライドを作るのに1時間程しかかけていません。
最低限見れるものなら大丈夫だと思います。

説明するからこそ応援してくれる

成果発表会をするようになってから、パートナーからの見られ方が変わってきました。

会社員だと、平日は朝から出社して夜に帰ってくる。給与明細の通りに毎月一定の額が振り込まれて、先の収入とかも想像がつくと思います。
でも、フリーランスは給与明細もなければ出勤時間もない。一日家にこもりっぱなしという日もザラだったりするので(業種によります)、仕事してるのか寝てるのか遊んでるのかもわかりません。

そこを結果を元に説明してあげれば、安心して応援してくれると思います。
もちろん応援に応えて結果を出していかなきゃいけないのですが(笑)

成果発表をすることで自分にもメリットが!

フリーランスは基本的に一人で仕事をすることが多いので、遊ぼうが怠けようが全て自己責任です。
自己管理が最大の課題とも思われます。

その中でパートナーがいれば、成果報告の際に総評を頂きましょう。
自分の活動を一番側で知ってくれているパートナーから客観的な意見を聞くことは大きなアドバイスとなるでしょう。

正直、成果が良くないときは恥ずかしいし、かっこ悪いし黙っておきたい。
でも、そんな自分の弱みを曝け出すことで「悔しいからもっと頑張ろう!」と意気込むことができます。
安いプライド持ってても仕方ないなって思いました。

また、プレゼンすることは自分にとっても目標をしっかり認識して、目標達成への責任感を強めることにも繋がると思います。

自由な生き方を応援してくれる人を大切に

今どき、安定が重要視される世の中ですが、まだまだ少ないフリーランスで生きていく道を選んだことを応援してくれるパートナーは貴重です。
そんなパートナーを大事にして、自分だけの生き方を必死に追い求めていこうと思います。

成果発表会、よければ試して見てください〜!
それではまた〜!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする