仕事を辞めて2ヶ月が経った現状

blog0005

最初の1ヶ月間

自分と向き合うことに専念した。
過去を振り返って自己紹介用の長いプロフィールを作成した。

色んなことを考えたが、まずフリーランスのWEBデザイナーとして生計を立てることを目指す。

しかし、なかなか仕事を取れない。
クラウドソージングでも仕事に結びつかない。

そんな理想と現実の間で苦しむ時期を過ごす。

自分の制作実績を公開したり、ブログを作成する

仕事のない間に、制作実績を公開するサイトを作成したり、ブログで情報発信を試みた。
ブログの方はなかなか継続が難しい。もっと習慣化しないと。

初めての仕事の受注

モヤモヤしながらも、仕事を取るため動いていたらクラウドソージングで一件取ることができた。
報酬にして2,000円にも満たない金額だが、全く仕事が取れず先行きが暗かった自分にとっては、とても嬉しい仕事だった。

しかし、仕事をして納品するも返事がない。
結局1週間ぐらい反応がないので、運営から報酬を払うよう催促してもらうことに。

仕事をしても報酬がもらえない不安に、またモチベーションが下がってしまった。
結局クライアント側が使い方をわかっておらず、報酬の支払いが遅れたそう。

仕事のない期間に心が折れそうになる

どうも思うように仕事が取れない。
やはりクラウドソージングだけでは厳しいか。

リアルの方で営業に出ることを考えるも勇気が出ない。
そうしてクラウドソージングで仕事を探しながら悶々とした日々を過ごす。

もしかして、デザイナー目指すよりも「プログラマーやアプリエンジニアとして正社員を目指した方がいいのでは?」と頭を過ぎることもあったが(それはそれで大変な道)、自分が会社辞めた目的をしっかりやりきろうと思った。
たかが1ヶ月諦めるなんてありえないと。

初めての営業活動

会社を辞めて1ヶ月半が経った頃、気持ちを切り替えて営業活動を行うことにした。
このまま仕事がなかったらもっと落ちぶれてしまう。

正社員やバイトなど求人募集している会社で、外注先として仕事をくれる会社を探そう。

そうして見つけた会社に電話。すごくドキドキ。汗をダラダラかいた。
すると、快く商談の機会をいただけることに。

後日、クライアントの要望を聞いて交渉。
契約は決まっていないが、ネットショップWEBサイトのデザイン・構築を一度任せてもらえることに。

次から次に決まる仕事

そして現在、他にクラウドソージングの仕事を2つ抱えている。
1つはもう終わりに近づいているが、もう一つは隙間の時間で仕上げていかないといけない。

本当に偶然だが、クラウドで応募していた仕事が2件も決まったのだ。
やはり気持ちを切り替えて前向きに取り組んでいると、色んなところで成果が出るものなのか。

今は実績作りを目標にこらえて頑張る時期。

仕事が決まったと言っても、そんなに単価の高いものではない。
日当にすると、そこらでアルバイトした方が儲かる程度だ。

それでも、それなりの仕事を取るためには実績を作って技術・スキルを証明しないといけない。
収入としては本業だけではやっていけないけど、バイトなどをして頑張ろう。

まとめ

2ヶ月間いろいろあったし、迷いもあったけど、フリーランスのWEBデザイナーとして食っていけるように忙しくしています。

年内で本業とアルバイトのダブルワークは卒業できるように頑張る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする