未経験からWEBデザイナーへ転職する方法

「WEBサイトを作るのって楽しそう」そう感じ、チャレンジしようとしているあなた。
敷居はそんなに高くないので、ぜひやってみて下さい。

僕自身も未経験から転職し、WEBデザイナーとして正社員になりました。
経験からいくつかアドバイスできたらと思います。

まず勉強してみよう

未経験と言っても、何も勉強していない人を雇うほど現場に余裕はありません。
まず、自分一人でWEBサイトを作れるところまで努力してみましょう。

「勉強といっても、どうやって?」と感じる方もいると思うので、その手段をいくつかご紹介します。

WEB上の学習サービスを利用する

ありがたいことに、現在は色んな学習サービスが溢れています。

1時間で作るホームページ
基礎中の基礎のみですが、簡単にホームページを作れちゃいます。僕も一番初期にここを見て作りました。
といっても、実際にいろんなサイトを作るにはCSSの知識も必要になるので1時間では収まりません。

Web Design Recipe
Webに関するコンテンツが充実しています。わかりやすさは本を出しておられるほどで、僕も初期の頃はちょこちょこ覗いていました。

ドットインストール
3分間の動画でわかりやすく学んでいけます。

Schoo
こちらも講座形式の動画で学べるサイト。

他にも、たくさんの学習サイトがあるので「html 勉強」と検索してみて下さい。

参考書をもとに勉強する

誰もが最初に思いつく方法ですが、僕が一番時間をかけたのはこれでした。

僕が参考にしたのはエビスコムのHTML5&CSS3レッスンブックです。

ただ読むだけでなく、参考書の手順をもとにWEBサイトを作っていきます。
WEBサイトの素材となる画像などは、著書のWEBサイトからダウンロードできます。

段階的に優しく学べるので初心者にオススメです。

WEB制作スクールやセミナーに行く

勉強を始めるにも、一人ではつまずくことが多いです。
なのでスクールに通うのも一つの手。まとまっているサイトを見つけたので参考にして下さい。

Webデザインを学ぶなら参考にしたいITスクール14選

にしても、価格を見ていると結構かかりますよね…

「そんな余裕ない!」

という方には、セミナーに参加してスタートダッシュを図ることをオススメします。
WEBサイト制作の最初だけしっかり教えてもらい、そこから独学でがんばる。

知り合いのセミナーが2017年9月にあるみたいなので、貼っておきます。
未経験でも大丈夫!Web業界へのはじめの一歩

効率よく学ぶためには、わかる人に聞く

これが一番大事。

なぜかと言うと、勉強している中でつまずくことが絶対あります。
そんな時に、「一人で悩んで調べてたら2時間経っていた」なんてことはザラです。

効率よく学ぶためには、知ってる人に質問して教えてもらうことが一番です。
つまずいた時に聞きたいことを溜めておいて、聞けるタイミングで全部解決する。

「誰に聞いたらいいの?」とありますが、現役のWEBデザイナーとの繋がりを先ほどのセミナーや、オンラインサロンなどで作ってみてはどうでしょうか。

僕自身もサロンに加入して、WEBデザイナーの方に聞いていました。

ヨスさんのオンラインサロンとか良いと思います。
基本はブロガーのためのサロンですが、自身のブログでWEB関連の情報発信もされていて、オンラインサロンでもWEBに関するコミュニティが盛んだそうです。

オンラインサロン「ヨッセンスクール」

自分のWEBサイトを作ってみよう!

参考書をもとに勉強したら、自分オリジナルのサイトを作ってみましょう。
趣味のことでも、架空の店舗サイトでもなんでもいいです。

僕は、当時ハマっていたスラックラインと言うスポーツのWEBサイトを作りました。
記念すべき初めて自分でデザインするサイトです。楽しいですよ!

ここまできたら、働ける仕事場が見つかります。
でも、最初から正社員は厳しいです。アルバイトスタートになるかもしれません。

僕自身もアルバイトからのスタートでしたが、スキルUPを続けたことで正社員登用してもらうことが出来ました。
会社に必要とされる存在になるべく、働き始めてからもスキルを磨き続けましょう。

今の時代、WEBデザイナーになる方法はたくさんあります。
あなたのやりやすい手段を見つけて、頑張って下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする